子どもといのちの教育研究会

子どもといのちの教育研究会の最新情報はこちらから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- --:--|
  2. スポンサー広告

大会報告~研究大会14th

こんばんは。弓田です。
東京の桜は満開ですね。
家の窓の目の前の桜が見事です。

私の所属している近藤研究室が引っ越し作業中ですが、
自分自身の引っ越しもあり、なんだか慌ただしく毎日が過ぎていきます。


第14回大会報告
今回の14回大会は二日間開催ということで、先月の23日、24日に行われました。
講師として、アルフォンス・デーケン先生、萩生田千津子さんのお二人にご講演をいただき、
クリニクラウンの副島賢和先生にラウンドテーブルやワークショップを開催していただきました。
(会開催内容詳細につきましては、「第14回大会特設HP」へアクセスください。
                                 →http://inoken14th.web.fc2.com/)
そして今回はなんと!過去最大規模の集客となりました!ありがとうございました!
懇親会でも先述の三人の先生方もご参加いただき、とてもアットホームな雰囲気でお話しされておりました。
(私は実行委員長でしたので、外を走り回っておりましたのでなかなか会に参加できませんでした。
 後から聞いたら、いろいろな先生方に探されていたとのこと、ゆっくりお話もできずに、すみませんでした!)

現在、各報告記事原稿を作成・編集作業中です。
この大会報告記事をまとめたものを冊子として、来年の第15回記念大会で配布予定です。
こちらもどうぞお楽しみに!


運営委員会開催のお知らせ
次年度へ向けての運営員会が5月に開催予定です。
運営委員の先生方、ご参集のほどよろしくお願いいたします。


修了式と卒業式
さあ、明日は東海大学大学院の修了式です。
そして明後日は学部卒業式。
今回の大会でも存分に活躍してくれた学生諸君が卒業していきます。
寂しい気持ちでいっぱいですが、彼らの門出をお祝いしてきたいと思います。


それではまた!
スポンサーサイト
  1. 2013/03/23 19:34|
  2. 研究大会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懇親会の会場と会費の変更について

 皆さん、こんにちは。
事務局の湯本です。
いよいよ今年度の研究大会が今月末に迫ってまいりました。
現在、本番に向けて大会事務局の準備がラストスパートに入っております。

今回は、懇親会についての変更のお知らせです。
以前よりお伝えしていた会場はホテルにて懇親会を行う予定でしたが、
次の場所に変更になっております。それに伴い会費も変更となりました。
併せてご確認下さい。

東海大学湘南校舎内【松前会館食堂】
会費:5,000円→3,000円



当日一人でも多くの方にお会いできることを心より楽しみにしております。
  1. 2013/02/06 09:00|
  2. 研究大会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第14回研究大会のお知らせ

お待たせいたしました。
今年度の研究大会の詳細が決定いたしましたので、お伝えいたします。

詳細はこちらをご覧下さい。


今年度の研究大会はなんと2日間開催で盛り沢山の内容となっております。

多くの方のご参加、心よりお待ちしております。
  1. 2012/07/21 12:00|
  2. 研究大会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラウンドテーブルの様子~その3~

メンタルヘルスにおけるアドベンチャープログラム
福本敏宏(東海大学大学院)




◆話題提供をしていただいた福本氏◆
IMG_4854.jpg


◆ラウンドテーブルの様子◆
IMG_4852.jpg



◆ラウンドテーブルを振り返って◆
他のラウンドテーブルとは違い、椅子と机が取り払われた状態でスタートしました。
自分が「これだったら大丈夫」ということを円の位置で意思表示する【コンフォートゾーン】から始まり、
【ラインナップ】や【ヘリウムフープ】など様々なプログラムを紹介していただきました。
「参加することが友だち作りの第一歩」という福本氏。
その足がかりとなるアドベンチャープログラムの魅力が伝わってくる70分間でした。

(当会運営委員 湯本 晋)
  1. 2012/03/19 08:00|
  2. 研究大会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラウンドテーブルの様子~その2~

官製「いのちの教育」は現場でどのように実践されているか―山形県の事例から―
齋藤知明(大正大学大学院)





◆話題提供していただいた齋藤知明氏◆
IMG_4862.jpg



◆ラウンドテーブルの様子◆
IMG_4860.jpg


◆ラウンドテーブルを振り返って◆
参加者は10名(含発表者・司会)で、次のシンポジウムのシンポジスト徳丸・中村両先生、
学校現場でいのちの教育を実践している方、食育からいのちの教育を考えたい方等々
いのちの教育を具体的にどのように実践していくのかについて強い関心を持っているメンバーでした。
自己紹介、話題提供の後のディスカッションでは、学校でのいのちの教育をめぐる問題で
非常に盛り上がりましたが時間となり、引き続きシンポジウムで考えようということになりました。

(当会運営委員 阿部 真理子)
  1. 2012/03/16 08:00|
  2. 研究大会
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。